git コマンドティップス

ブランチクローン作成

$ git clone --single-branch --branch branchname https://github.com/user/repo.git

オリジナルからクローンをローカルに作成、クローン内のファイル修正後、フォークしたリモートに修正内容をコミットする場合

  • オリジナルクローン作成 git clone
  • クローンファイル修正(ローカル環境で)
  • git addコマンドまたはgit commitコマンドにより修正内容フィックス
  • オリジナルからフォーク作成
  • リモート追加 git remote add
  • 追加したリモートを指定してgit push

https://git-scm.com/book/en/v2/Git-Basics-Working-with-Remotes

The git remote add command takes two arguments:

  • A remote name, for example, origin_name
  • A remote URL, for example, https://github.com/user/repo.git

For example:

オリジナルからフォークしたリモートの追加

$ git remote add origin_name https://github.com/user/repo.git

追加したリモートの確認

$ git remote -v

origin_name https://github.com/user/repo.git (fetch) 
origin_name https://github.com/user/repo.git (push)

ローカル環境でファイル修正後、

修正したファイルのステージング

$ git add .

ローカルレポジトリに修正内容反映

$ git commit

ローカルレポジトリの内容をリモートレポジトリに反映させる

$ git push origin_name

Git-Branch

https://git-scm.com/book/en/v2/Git-Branching-Basic-Branching-and-Merging

$ git checkout -b iss53
Switched to a new branch "iss53" Branch iss53を作成し移動

This is shorthand for:

$ git branch iss53 --->Branchの作成
$ git checkout iss53 --->Branch iss53へ移動

git cloneのアップデート

本家リモートからそのままクローンしたレポジトリをアップデートする場合

fetchとmergeを同時に実行

$git pull

fetchのみ実行

$git fetch

submodule update

git submodule

https://git-scm.com/book/en/v2/Git-Tools-Submodules
https://git-scm.com/docs/git-submodule