Raspbian-Jessie-Liteのインストール

現地点でのRaspbianではセキュリティー上の問題多発を理由にデフォルトでsshが無効となっています。

sshは以下リリースノートで示された手順で有効にできます。
http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

2016-11-25:

  • SSH disabled by default; can be enabled by creating a file with name “ssh” in boot partition

<主な条件>

  • SDカードへの書き込み環境:Ubuntu16.04
  • インストールするOS:Raspbian-Jessie-Lite(2017-01-11)
  • 起動マシン:Raspberry Pi2

1.SDカードへのインストール

まずSDカードをGPartedでFAT32形式でフォーマットします(フォルダ名は任意)。標準のディスクユーティリティよりもGPartedによるフォーマットを推奨します。

インストール手順に従いSDカードにインストールします。SDカードのマウント先名称をきちんと確認します(GPartedを起動するとmmcblk0というマウント名が表示されます)。

インストールはSDカードを アンマウントした状態 で行います。

インストールが終了したら一度SDカードを取り外してUbuntuPCに再セットします。

2.bootディレクトリへのアクセスとファイルの作成

bootディレクトリがマウントされるのでbootディレクトリ内の任意のテキストファイルをsshとしてコピーします。重要なのはsshという名称のファイルであって内容は何でも構いません(空ファイルでもOK)。
このファイルは初回起動時sshを有効後自動削除されます。

cd /media/your_user_name/boot
sudo cp config.txt ssh

3.ワイヤレス設定

ワイヤレスで接続する場合は以下設定ファイルを編集します。

SDカードを再セットするとboot以外にシステムディレクトリがマウントされます。このマウントされたディレクトリにアクセスします。システムディレクトリ名を確認します。

ls /media/your_user_name
boot 0xxxxxxxxxxx......

0xxxxxxxxxxx…がシステムディレクトリです。

cd /media/your_user_name/0xxxxxxxxxxx…

Wifiアクセスポイント設定を編集します。アクセスポイント名とパスフレーズなどをnetworkの項目に追加して下さい。

sudo pico etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
	ssid="your_access_point"
	psk="access_point_password"
	proto=RSN
    key_mgmt=WPA-PSK 
	pairwise=CCMP TKIP
	group=CCMP TKIP
}

network項目の内容についてはルータの設定により異なりますので各々確認して下さい。
https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/WPA_supplicant

4.SDカードのRaspberry Piへのセット・起動

SDカードをRaspberry Piにセットして起動します。デフォルトのホストネームがraspberrypiなので念の為同一ネットワーク内のPCターミナルから

ping raspberrypi

でIPアドレスの確認とネットワークが確立されているか確認します。

ssh接続を試みます。

ssh pi@xx.xx.xx.xx

または、

ssh pi@raspberrypi

標準のパスワードraspberryを入力します。

ssh接続が確立されたら次のコマンドでパスワードを変更します。

passwd

5.wpa_passphraseによるパスワード暗号化

上記3のネットワーク設定の項目では生のパスワードを入力しました。これを暗号化します。

wpa_passphrase your_access_point access_point_password

psk=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx に書換えて下さい。